風邪を引いた時に病院から咳止めとしてフラベリックを処方されました。

フラベリックは咳止めに効果のある非麻薬性のお薬です。

効果あるお薬なんですがその反面、副作用のひとつとして「周りの音が少し下がって聞こえる」という事が確認されています。私も最初服用した時は2ヶ月も悩まされました。

正直、副作用に気がついてすぐ中断すれば良かったのだろうとは思いますが、ネットで見かける情報は「数日でなおる」だったので、つい安易に考えて副作用よりも咳を止める事を優先し5日間服用したんです。

いま思うとそれが失敗でした。私の場合、薬の服用を開始してからすぐに症状はあらわれました。

絶対音感を持っているため耳から入る全ての音が下がって聞こえ、何をするのにも大変気持ち悪く、例えるなら1日中不協和音の流れる部屋に隔離されてるような、思わず逃げ出したい心境にかられました。

実際日常生活に支障が出て、洗濯機のまわる音に吐き気がしたり買い物先で耳を塞いでしゃがみこんでしまったりしたのを覚えています。

服用を中断してからは少しずつ回復しましたが、結局私の聴覚が戻るまでには2ヶ月もかかりました。

この副作用の怖いところは、音の聞こえ方全てが下がるので変化に気がつきにくいところです。

事実、気がつかない方が大半だそうで報告があがらず頻度も不明とか。そしてテグレトールという薬にも同じような副作用が見られます。

このように、たとえ処方された薬であっても合わないと思ったらすぐに変更していただく事を、私はオススメします。

PRサイト:あんしん通販マート