電源スイッチやコンセントの設置・位置が悪く、必要な所ににない。

玄関から入室する際に、2か所より入室できるようになっているが、片方に玄関の電気スイッチをつけ忘れた。

ハウスメーカーさんも気づいていなかったのか、声掛けもなかった。

コンセントや電気のスイッチ等、図面等で確認はできるが、実際に生活してみないとわからない。

日常的によく使うものに関しては、メーカー側ももっと気をつけてほしいと思ったし、購入側も、もっと想像力が必要だと思った。

また、どこに何を配置するか・・・などは、購入時に想像して図面などの作成をしてもらっているとは思うが、ずっと住み続けるうえで、配置換え・模様替えを行う可能性も出てくくるので、その辺りが柔軟に対応できる配線設置を把握しておく必要があると思った。

家を注文する前に、たくさん見学に行くと思うが、設計配置や収納、デザインに目が行ってしまうので、それ以外の小さな点に目を向けるべきだった。

おそらく、ここの小さな点については盲点ではないかと思う。

実際に住宅を購入した友人や知人に「ここにこれがあればよかった」という「失敗点」を聞いておくのも一つの手段だったのかなと思う。

ハウスメーカー側には、こういった小さな点においても、細かなアドバイスやチェックをしてほしいと思った。

もっと詳しく⇒札幌市 注文住宅