各部屋の扉を開ける音がうるさくて子供が起きてしまう

家が高断熱なため、外の音は聞こえにくいけど、家の中の音はとても響きやすい。

各部屋の扉は、勢いよく閉まらないように、閉まる直前に一旦止まってから閉まるタイプのもの。

こう聞くと、音がうるさくならないよう静かに閉まるようになっているのではないかと思うが、一旦止まるそこのロックの部分がとても音が大きい。

高断熱の内装も相成って、より扉の開け閉めの音が響いてしまう。子供が寝ていても、家の中に響く音ですぐに起きてしまう。

外の音(国道が近いため車の音)が断続的に聞こえて来る方がまだマシだった。

北陸で雪国のため、高断熱は暖かくて外の音が聞こえにくいというメリットを押してこられたが、家の中の扉の音、何か物を落とした音、人の話し声、棚の開け閉めの音、洗濯機やテレビの音全てがとても家中に響いてしまう。

話には聞いていても実際に住んでみないと、どれくらいの音が家中に響くのか全く分からなかった。

面倒とは思わずにモデルルームで1泊体験を行なって、夜を一晩過ごしてみた方が良かったと思った。

高断熱のメリットデメリットの把握、扉の種類や家の中の音が響くのであれば、響きにくい本当に静かに閉まる扉の選定をしっかりしたら良かった。

管理人のお世話になってるサイト>>>>>横浜市泉区 注文住宅